Apis-Brasilの産地

アピスブラジルをお勧めするつの理由

産地 抽出方法 品質管理 自社製造

産地の違い

プロポリスは様々な場所で生産されていますが、産地ごとに成分の違いがあります。

ブラジルのミナスジェライス州産のアピスブラジルには、高品質な理由があります。

ミナスジェライス州は植物にとって外敵の多い場所なので、植物自身が身を守るための成分をたくさん作ります。この成分が私たちの体を守ってくれます。

また、この地域は原野が多く残っているため、大規模農業による残留農薬の心配がありません。

ミナスジェライス州のハチは
"アレクリン" "ユーカリ" "アサペイシ"
を主な原料にしてプロポリスを作ります

プロポリスの"もと"

アレクリン

地元では薬草としてよく用いられています。優れた抗酸化成分のアルテピリンCを豊富に含みます。

ユーカリ

殺菌・解毒作用や鎮痛作用に世界中で用いられています。

アサペイシ

アサペイシも民間薬としてよく使用されています。

プロポリスの色はハチが集めてくる植物の色

プロポリスの色

この写真はブラジル内の様々な場所で採れたプロポリスを、アルコールで抽出・希釈したものです。 成分の違いが色の違いにも出ています。

ミナスジェライス州のものは一番右のものです。アレクリンがたっぷり入っているので、緑色をしています。

アレクリンが多く含まれるプロポリスが高品質とされます。 このようなものは濃い緑色になるので「グリーンプロポリス」と呼ばれます。

アピスブラジルは最高級のグリーンプロポリスです。